COMPANY

2015年08月01日

ネイティブゲームリサーチのスパイスマートが法人化

 かねてよりリサーチサービスを中心にモバイルゲームビジネスソリューションを国内外企業へ提供してきた株式会社ワンオブゼムのSpicemart(スパイスマート)事業部門は、7月31日をもって法人化され、株式会社スパイスマートが発足、代表取締役はワンオブゼム社にてソリューション事業立ち上げとその後の運営を主導してきた張 青淳が就任しました。そして8月31日、張によるマネジメント・バイアウト(MBO)実施により、スパイスマート社は同社グループから独立しましたことをお知らせいたします。新会社概要は以下の通りです。

 

会社名 株式会社スパイスマート

設立年月日 平成27年7月31日

代表取締役社長 張 青淳

資本金 70,000,000円(資本準備金含む)

所在地 東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX麹町907

会社HP http://corp.spicemart.jp/

連絡先 contact@spicemart.jp

 

 

■法人化の経緯

 新会社スパイスマートは、従来と変わらずゲームリサーチサービスおよび国内外ゲーム企業のインバウンド、アウトバウンドサポートサービスを手がけてまいります。第三者的立場でさらにリサーチ事業に特化し、また、データを活用して企業のマーケティングやゲーム運用サポートのサービス向上図っていくことを目的とし、法人化しました。各サービスはこれまで以上にアップグレードし、加えて海外ゲームビジネス関連サービスを強化して提供してまいります。

 

■Spicemart今後の展開

①既存商品のコンテンツ拡充
日次運用データベースのWEB Viewは、日本版・中国版・韓国版・台湾版・香港版を取り揃えており、国内人気タイトル50超、中・韓・台・香港はそれぞれ30タイトル超とリサーチ対象を拡大して提供します。

さらに、WEB ViewのUI/UXを大幅に改良し、見やすく使いやすいサービスへとランクアップする予定です。

 

↑WEB View中国版のサンプル画像。全世界同一システムにて日本版のほか各国版を提供する。

 

Market Trend Report(ランキング総括、主要タイトルの運用分析、新着情報などをまとめた月次レポート商品)は、運用情報の他、プロモーション情報などトピックスを拡大し、また、中国版・韓国版・台湾香港版Market Trend Reportも日本版と同様のコンテンツ量でお届けしてまいります。

 

2015年08月01日

ネイティブゲームリサーチのスパイスマートが法人化

 かねてよりリサーチサービスを中心にモバイルゲームビジネスソリューションを国内外企業へ提供してきた株式会社ワンオブゼムのSpicemart(スパイスマート)事業部門は、7月31日をもって法人化され、株式会社スパイスマートが発足、代表取締役はワンオブゼム社にてソリューション事業立ち上げとその後の運営を主導してきた張 青淳が就任しました。そして8月31日、張によるマネジメント・バイアウト(MBO)実施により、スパイスマート社は同社グループから独立しましたことをお知らせいたします。新会社概要は以下の通りです。

 

会社名 株式会社スパイスマート

設立年月日 平成27年7月31日

代表取締役社長 張 青淳

資本金 70,000,000円(資本準備金含む)

所在地 東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX麹町907

会社HP http://corp.spicemart.jp/

連絡先 contact@spicemart.jp

 

 

■法人化の経緯

 新会社スパイスマートは、従来と変わらずゲームリサーチサービスおよび国内外ゲーム企業のインバウンド、アウトバウンドサポートサービスを手がけてまいります。第三者的立場でさらにリサーチ事業に特化し、また、データを活用して企業のマーケティングやゲーム運用サポートのサービス向上図っていくことを目的とし、法人化しました。各サービスはこれまで以上にアップグレードし、加えて海外ゲームビジネス関連サービスを強化して提供してまいります。

 

■Spicemart今後の展開

①既存商品のコンテンツ拡充
日次運用データベースのWEB Viewは、日本版・中国版・韓国版・台湾版・香港版を取り揃えており、国内人気タイトル50超、中・韓・台・香港はそれぞれ30タイトル超とリサーチ対象を拡大して提供します。

さらに、WEB ViewのUI/UXを大幅に改良し、見やすく使いやすいサービスへとランクアップする予定です。

 

↑WEB View中国版のサンプル画像。全世界同一システムにて日本版のほか各国版を提供する。

 

Market Trend Report(ランキング総括、主要タイトルの運用分析、新着情報などをまとめた月次レポート商品)は、運用情報の他、プロモーション情報などトピックスを拡大し、また、中国版・韓国版・台湾香港版Market Trend Reportも日本版と同様のコンテンツ量でお届けしてまいります。

 

2015年08月01日

ネイティブゲームリサーチのスパイスマートが法人化

 かねてよりリサーチサービスを中心にモバイルゲームビジネスソリューションを国内外企業へ提供してきた株式会社ワンオブゼムのSpicemart(スパイスマート)事業部門は、7月31日をもって法人化され、株式会社スパイスマートが発足、代表取締役はワンオブゼム社にてソリューション事業立ち上げとその後の運営を主導してきた張 青淳が就任しました。そして8月31日、張によるマネジメント・バイアウト(MBO)実施により、スパイスマート社は同社グループから独立しましたことをお知らせいたします。新会社概要は以下の通りです。

 

会社名 株式会社スパイスマート

設立年月日 平成27年7月31日

代表取締役社長 張 青淳

資本金 70,000,000円(資本準備金含む)

所在地 東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX麹町907

会社HP http://corp.spicemart.jp/

連絡先 contact@spicemart.jp

 

 

■法人化の経緯

 新会社スパイスマートは、従来と変わらずゲームリサーチサービスおよび国内外ゲーム企業のインバウンド、アウトバウンドサポートサービスを手がけてまいります。第三者的立場でさらにリサーチ事業に特化し、また、データを活用して企業のマーケティングやゲーム運用サポートのサービス向上図っていくことを目的とし、法人化しました。各サービスはこれまで以上にアップグレードし、加えて海外ゲームビジネス関連サービスを強化して提供してまいります。

 

■Spicemart今後の展開

①既存商品のコンテンツ拡充
日次運用データベースのWEB Viewは、日本版・中国版・韓国版・台湾版・香港版を取り揃えており、国内人気タイトル50超、中・韓・台・香港はそれぞれ30タイトル超とリサーチ対象を拡大して提供します。

さらに、WEB ViewのUI/UXを大幅に改良し、見やすく使いやすいサービスへとランクアップする予定です。

 

↑WEB View中国版のサンプル画像。全世界同一システムにて日本版のほか各国版を提供する。

 

Market Trend Report(ランキング総括、主要タイトルの運用分析、新着情報などをまとめた月次レポート商品)は、運用情報の他、プロモーション情報などトピックスを拡大し、また、中国版・韓国版・台湾香港版Market Trend Reportも日本版と同様のコンテンツ量でお届けしてまいります。

 

2015年08月01日

ネイティブゲームリサーチのスパイスマートが法人化

 かねてよりリサーチサービスを中心にモバイルゲームビジネスソリューションを国内外企業へ提供してきた株式会社ワンオブゼムのSpicemart(スパイスマート)事業部門は、7月31日をもって法人化され、株式会社スパイスマートが発足、代表取締役はワンオブゼム社にてソリューション事業立ち上げとその後の運営を主導してきた張 青淳が就任しました。そして8月31日、張によるマネジメント・バイアウト(MBO)実施により、スパイスマート社は同社グループから独立しましたことをお知らせいたします。新会社概要は以下の通りです。

 

会社名 株式会社スパイスマート

設立年月日 平成27年7月31日

代表取締役社長 張 青淳

資本金 70,000,000円(資本準備金含む)

所在地 東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX麹町907

会社HP http://corp.spicemart.jp/

連絡先 contact@spicemart.jp

 

 

■法人化の経緯

 新会社スパイスマートは、従来と変わらずゲームリサーチサービスおよび国内外ゲーム企業のインバウンド、アウトバウンドサポートサービスを手がけてまいります。第三者的立場でさらにリサーチ事業に特化し、また、データを活用して企業のマーケティングやゲーム運用サポートのサービス向上図っていくことを目的とし、法人化しました。各サービスはこれまで以上にアップグレードし、加えて海外ゲームビジネス関連サービスを強化して提供してまいります。

 

■Spicemart今後の展開

①既存商品のコンテンツ拡充
日次運用データベースのWEB Viewは、日本版・中国版・韓国版・台湾版・香港版を取り揃えており、国内人気タイトル50超、中・韓・台・香港はそれぞれ30タイトル超とリサーチ対象を拡大して提供します。

さらに、WEB ViewのUI/UXを大幅に改良し、見やすく使いやすいサービスへとランクアップする予定です。

 

↑WEB View中国版のサンプル画像。全世界同一システムにて日本版のほか各国版を提供する。

 

Market Trend Report(ランキング総括、主要タイトルの運用分析、新着情報などをまとめた月次レポート商品)は、運用情報の他、プロモーション情報などトピックスを拡大し、また、中国版・韓国版・台湾香港版Market Trend Reportも日本版と同様のコンテンツ量でお届けしてまいります。